0

はしきれ。

はしきれ。

何かを作ったときの端切れ。
とりわけ何かをしようと思った訳ではないけれど、
集まった色の重なりが美しくて捨てられない。